BAV Club

会則・役員

会則

第1章 総則

  1. 第1条 名称
    本研究会は BAV Club と称する。
  2. 第2条 目的
    本研究会は、BAV(balloon aortic valvuloplasty 大動脈弁バルーン形成術)の医療技術や治療成績の向上と科学的な研究の進め方について会員相互の研鑚を図り、広く人類の福祉に貢献することを目的に活動する。
    また、循環器内科学・心臓外科学・血管外科学・エコー学・麻酔学の研究等を行っている専門医師ならびに研究者で、本会の趣旨に賛同するものを会員とし、本症例に関する基礎および臨床研究の情報交換の場を会員各位に提供する。 本会の活動を通して、各人が最新の知識を共有し研究の充実を図ると同時に、それに付随して会員相互の連帯を深めることを目的とする。
  3. 第3条 事業内容
    本研究会は前条の目的を達成するために、以下の事業を行う。
    • 学術集会、学術セミナー、症例検討会等の開催
    • 内外の関連学術団体との交流
    • デバイスの研究・開発及び評価
    • その他、前条項の目的を達成するために必要な業務

第2章 会員会員

  1. 第4条 会員資格
    日本国内の医療施設、研究施設に従事し、本会の趣旨に賛同する医師及びコメディカル。
  2. 第5条 会費
    本研究会の会費は施行細則に定める。

第3章 会員運営

  1. 第6条 運営
    本研究会の運営は、世話人会及び事務局があたる。
  2. 第7条 世話人会
    世話人会は、本研究会の内容と学術集会の開催場所と時期の決定を行う。

第4章 会員役員

  1. 第8条 役員
    本研究会は次の役員を置き運営にあたる。
    • 顧問
    • 代表世話人
    • 世話人
    • 会計
    • 会計監査監事
    尚、世話人の追加は世話人会にて決定される。役員の任期は2年間とし、再任を妨げない。
  2. 第9条 職務
    本研究会の役員は次の職務を行う
    代表世話人は本研究会を代表し、会務を総括する。世話人は会則に従い重要事項を審議決定し、会務を遂行する。
    会計監査監事は会計を監査する。

第5章 会員会議

  1. 第10条 会議
    本研究会は会務を行うため、世話人会、学術集会、総会を開く。
  2. 第11条 世話人会
    世話人会は世話人により構成される。世話人会は定期的及び必要に応じて代表世話人が招集する。 事務局員は議事録作成のため世話人会に出席することができる。世話人会の決議は役員の半数を超える参加者(委任状を含む)をもって成立する。世話人会での決定事項は会員に報告するものとする。

第6章 会員会計

  1. 第12条 経費
    本研究会の経費は、会費、寄付金その他の収入によりこれにあたる。
  2. 第13条 事業計画・収支予算
    本研究会の事業計画及びこれに伴う毎事業年度の収支予算は世話人会の決議を経て、総会の承認を受けなければならない。
  3. 第14条 収支決算報告
    本研究会の収支決算報告は毎事業年度終了後に会計監査監事の監査後、世話人会で報告し、承認を受けなければいけない。 承認を受けた収支決算は会員及び寄付金を受領した企業に報告を行う。
  4. 第15条 受納金
    受納した金品は本研究会の運営にしか使用しない。 本研究会が受納した金品はいかなる理由があっても返還しない。
  5. 第16条 事業年度
    本研究会の事業年度は毎年1月1日より12月31日とする。

第7章 会員補足

  1. 第17条 会則の改定
    本研究会の会則は世話人会の決議を経て改正することができる。
  2. 第18条 細則の決定
    本研究会の会則施行に必要な細則は世話人会の議を得て別に定める。
  3. 第19条 発効
    本会則は、平成 29 年7月1日より発効する。

会則施行細則

  1. 第1条 所在
    本研究会は事務局を、兵庫県洲本市塩谷 1 丁目 1-137 兵庫県立淡路医療センター・循環器内科 に置き、事務局は本研究会運営に関する総務を担当する。
  2. 第2条 変更
    会則施行細則は、世話人会の議決を経て変更できる。
  3. 第3条 会費
    本研究会の会費は参加費とし、以下の通りとする。
    医師 1,000 円/回 コメディカル 500 円/回
  4. 第4条 学術集会
    原則として年 1-4 回の学術集会を開催する。 年間の回数に関しては、新しい医療機器の登場や会員の希望などに対し、柔軟に対応する。

役員

顧問

  • 井上 寛治(PTMC研究所)
  • 坂田 芳人(池上総合病院)

代表世話人

新家 俊郎(昭和大学病院)

世話人

  • 伊東 風童(城山病院)
  • 岩崎 正道(兵庫県立淡路医療センター)
  • 岩田 真一(大阪市立大学医学部附属病院)
  • 上野 博志(富山大学附属病院)
  • 岡村 誉之(山口大学医学部附属病院)
  • 尾原 義和(高知医療センター)
  • 坂田 憲治(金沢大学病院)
  • 嶋田 芳久(城山病院)
  • 白井 伸一(小倉記念病院)
  • 杉浦 剛志(一宮市立市民病院)
  • 高木 祐介(国際医療福祉大学病院)
  • 多田 憲生(仙台厚生病院)
  • 中村 茂 (京都桂病院)
  • 七里 守 (名古屋第二赤十字病院)
  • 原  英彦(東邦大学医療センター大橋病院)
  • 細川 忍 (徳島赤十字病院)
  • 水谷 一輝(大阪市立大学医学部附属病院)
  • 宮本 敬史(埼玉県立循環器・呼吸器病センター)
  • 八巻 多 (名寄市立総合病院)